【陰ヨガ】シューレースポーズとバリエーション

ヨガ時間

ポール・グリリー先生の陰ヨガアプローチ(第1回)

誰にでも当てはまる完全なポーズのバリエーションはありません

陰ヨガの第一人者 ポール・グリリー先生は「ヨガのアーサナ(ポーズ)の目的は、”Chi” のエネルギーのフローを体の中で調和させることである」と表現しています。

その上で、身体的な観点からアプローチするターゲットエリアを24箇所に分類しています。

ポールグリリー先生によると、ヨガのあらゆるポーズはこの24箇所のターゲットエリアに刺激を与える(ストレスを与える)ことを目的としています。

具体的には、以下のいづれかの方法でターゲットエリアに刺激を与えていきます。

  • 伸張(ストレッチ)
  • 収縮
  • 圧迫

24のターゲットエリアは、骨・関節部位が14箇所・筋肉部位が10箇所に分類されています。

  • 骨・関節部位(14箇所)
  • 筋肉(10箇所)

さらに、ヨガの全てのポーズは7つの典型的なタイプに分類できるとして、この7つの典型タイプを一人ひとりの(あなたの)身体に適応させることを非常に重視しています。

自分(生徒さん一人ひとり)にあったバリエーションを適用することで、24のターゲットエリアにアプローチしていこうという考え方です。

14 (骨・関節)・10 (筋肉)・7(ポーズ典型)この教えが、ポールグリリー先生のレクチャーの中には何度もマントラのように繰り返されます。

14 / 10 / 7 

とても印象に残りやすいですね。

シューレースポーズのバリエーション

7つの典型ポーズの一つ目は「シューレース」です。

この記事では、シューレースポーズのバリエーションと軽減法ご紹介します。

シューレースは陰ヨガのポーズです。

陰ヨガでは、1つのポーズでホールドする時間が3分から5分、長時間キープするのが大きな特徴です。

陰ヨガについての詳しい内容こちらの記事を参考にしてください。

シューレースタイプのポーズ典型

シューレース・バリエーション

  • タイト・シューレース
  • ワイド・シューレース
  • ルーズ・シューレース
  • ほどけたシューレース(軽減)
  • 壊れたシューレース(軽減)

スワン・バリエーション

  • 鹿のポーズ1
  • 鹿のポーズ2(軽減)
  • スリーピングスワン1
  • スリーピングスワン2(軽減)
  • あおむけのスワン(針の糸通し)
  • 座ったスワン
  • 壁を使ったスワン

シューレース一つのポーズでも様々なバリエーションがあります。今回は一つ一つの具体的ポーズの説明は省略します。

ポールグリリー先生の重要なメッセージは、これら全てのポーズの見た目は異なるがターゲットエリアは同じであるということです。

つまり、同じポーズでもアプローチの方法が人によって異なるということです。(ターゲット部位は同じです)

一般的なヨガのクラスは先生のデモに習って全員が同じようにポーズをとるスタイルがほとんどです。

ポールグリリー先生の面白い点は、全員がまったく違う見た目・形でも良いとしているところです。

ターゲットエリアに刺激を感じることができれば、どんな形でも効果はあるのです。

このような一人ひとりに合わせたクラス作り・指導は一般的なヨガクラスでは難しいかもしれません。しかし陰ヨガのように一つのポーズに時間をかけて入るスタイルであれば、異なるバリエーションをクラスに取り入れることは可能です。

シューレースタイプ・ポーズのターゲットエリア

  • 股関節
  • 中臀筋
  • 腰椎・胸椎
  • 胸腰筋

「一人ひとり身体・骨格は皆異なる。誰にでも当てはまる完全なポーズは存在しない」という前提のもとではポーズの教え方・アプローチも変わってきます。

ヨガを指導していく上でクラス作りのヒントとなれば幸いです。

ポーズの教え方
  • ターゲットエリアを伝えること
  • 2つ以上のバリエーション(軽減法)を提案すること。(生徒さん自身が試して、自分で感じて決めてもらうこと)
  • 刺激・痛みを感じてはいけない部位を伝える(シューレースの場合は膝です)
  • フィードバック・双方向のダイアログを通じて主体的なクラス作りをする
PAGE TOP